読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もくもく村のけんちゃん

I`m from Mokumoku-mura

シン自作リキッドの勧め || 薬物編

オーストラリアのショップから仕入れた、謎の白い粉末。

税関で開けられなくてよかったwww

だって、圧倒的に怪しいんだもん。

 

正体はエチルバニリンです。

 

バニラ系の甘い香りの元になるやつです。

天然のバニラに含まれているのはバニリンですが、着色性あり、色の変化を嫌う場合は、エチルバニリンを使うらしいです。

香りはエチルバニリンバニリンの2〜3倍の香りになるそうです。

 

 

他にもリキッド作りで出てくるものとしては、アセチルピラジンがあります。豆系の香ばしい香りの正体です。

 

EM=エチルマルトールは甘味料で、こいつをPGに溶かしたのがコットンキャンディフレーバーだったりします。

 

スクラロースも同じく甘味料で、EM同様、砂糖の数百倍の甘さがあるらしいです。

 

リンゴ酸もよくリキッドに使われるみたいです。やっぱり酸味の添加みたいです。

 

 

こういう粉系はPGかエタノールに溶かして使うのがデフォなんですが、注射器と怪しい白い粉、あまり持ち歩かないことをおすすめします。

 

 

んで、話はエチルバニリンに戻るんですが、なぜにエチルバニリンなのかというと、GVCクローンの甘い香りが足りないって思ったからなんです。

本物GVCだと、シュリンクされていて、さらに段ボールの中に入っている状態なのに、部屋に漂う甘い香り。

オレのクローンでは、ここまで香りがない。

単純にバニラ系のフレーバーを足すと、すでにフレーバー比率が20%超えているのに、さらにフレーバー比が上がってしまう。(VG比が下がる)

それを回避するためにエチルバニリンの添加なんです。

 

さっそく作ってみたんですが、かなり香りは近づいたように感じますが、まだ本物GVCのコクには近付けてないようです。

NYチーズケーキか、コンデンスミルクか、カラメルか、

まだまだ精進が必要なようです。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村