読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もくもく村のけんちゃん

I`m from Mokumoku-mura

【小ネタ】ディアブロRTAのジュースコントロール【裏ワザ】

アトマイザー その他グダグダ

あんだけのジュースチャンネルですから、漏れる時は盛大に漏れるディアブロRTA

かといって、コットンがっつり詰めるとイガるし、低wでショボミストに甘んじなければならないという、RTAでは定番の悩み。

 

ゴライアスや鶏糞V4みたいな外から弄れるジュースコントロールがあれば、比較的、漏れ対策はしやすいんですが、構造がシンプルなディアブロには、そんな便利な機能が無い。

 

オレがやってる対策は、オーセン2.5mlならジュースチャンネルにチョイ入れでコットン突っ込み、オーセン5ml&クローンの深いジュースチャンネルなら、がっつりコットンを突っ込んで、漏れ対策のコットンワークでビルドします。

 

当然、そのまま普通に吸うと供給不足になっちゃいますが、ここで裏ワザ。

 

リキッドチャージ用のトップキャップを少し緩めるんです。

 

力茶直後の供給過剰な状態を再現してやるんですな。

いくらチャンバー内で負圧が発生してリキッドを吸おうとしても、タンク内が真空になるんだったら、なかなかリキッドが供給されない。

そこで、空気穴を作ることで、リキッドを流し込むわけですな。

 

持ち運びの時は、エアフロとトップをしっかり閉めて、吸う時に開ける。

これで、漏れは最小限で濃厚ミストもっくもくのディアブロが楽しめます。

このワザはトップチャージのRTAの多くで応用できそうです。

漏れとイガリのバランスに悩んでいるなら、試してみる価値はあると思います。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村