読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もくもく村のけんちゃん

I`m from Mokumoku-mura

ニコ入り・ノンニコの違いとニコチン辛さ

自作リキッド

PPAPで感じたニコチン辛さから、新たな課題にぶつかってしまいました。

同じニコ濃度でも、PPAPと自作バニカスとでは辛さが全く違うんですよね。

圧倒的にバニカスの方がニコチン辛さを感じない。

多分、PPAPもノンニコだったら、もっと美味しかったハズ。

 

もう一つの反省点は、ニコリキが古かったというところ。

かなり赤みがあったんだよねぇ。。。。

以前はHCのニコリキを使ってたんだけど、HiLIQのサンプルと比較したらHCは辛く感じて、それからHiLIQに乗り換えたんだけど、その時もHCは高濃度120mlを使い切る直前の赤みが差してきたやつだったんで、ニコチンは古くなるほど辛いんだと思う。

基本的にニコチンの買いだめはしない方がいいみたい。

でも、寝かせた方が美味いリキッドもあるし、悩ましいところ。

 

ニコチンの隠し方がPPAPは下手だったんだな。

同じようにパインをメインにした金玉パンチは上手く隠れていた。

レシピから考えると、金玉パンチの方が乳系フレーバーの比重が高い=甘さで隠していたのではないかと。

もう一つは清涼剤。ひんやりの刺激で隠していた。

 

こうやって分析してみると、ニコチンの隠し方にはいくつかのパターンがある。

 

1.甘さで隠す。

2.メンソール系で隠す。

3.スパイシーさで隠す。

4.複雑な味の中に隠す。

 

市販リキッドで当てはめると、ワコンダやジャンゴは1と4の複合技、フロツンが2、GVCやスネ夫は1って感じかな。

入手先が多いせいか話題になりにくいhaloですが、haloのリキッドは1〜4までの全ての方法が複合技で使われていることを思えば、さすがUSリキッドの巨人ですよね。

 

よく言われてる、輸入リキは味が濃いけど国産は薄いみたいなのも、ニコチンまで含めた味を意識したレシピか、そうでないかの違いが大きいんじゃないかな?

 

自作リキッドを振り返ってみると、ほとんどが1の甘さに頼っていたことがわかる。

 

まだまだ、精進が必要ですなぁ。。。。

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村